切らない若返りなら

改善したい部分に糸を通していく

手術は局部麻酔をして行うので、痛みはほとんどありません。極細の針を使用して、金の糸を皮膚の真皮層に埋め込みます。

金の糸の治療法

施術の流れ

○施術前
仕上がりをイメージし、糸を挿入していく箇所をマーカーでデザインします。

○施術
クリームと極細の針による注射で局所麻酔をし、極細の針を使用して、改善したい部分の皮膚の真皮層に、純金の糸を通していきます。

○施術後
施術部分に小さなテープを貼ります。(約24時間貼り続けます)

※日常生活は普通に過ごして問題ありませんが、紫外線には当たらないようにしましょう。また、効果を安定させるために、約1カ月はマッサージなどは行わない方がよいでしょう。

施術情報

施術時間 約30分
術後の通院 なし
術後の腫れ ごくわずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能
洗髪 直後より可能
メイク 当日より可能
術後の経過
症例1:金の糸(ゴールデンリフト)
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
顔全体にゴールデンリフトをすることになりました。

施術直後
術直後です。
麻酔で腫れていますが、この腫れは半日程度でほとんど引きます。

3ヶ月後
3ヶ月後です
少し肌の張りが出てきました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
全体的に張りが出てきました。
症例2:金の糸(ゴールデンリフト)
高須幹弥医師からのコメント
施術前
40代の女性です。
加齢とともに顔全体の張りがなくなってきて、少したるみがでてきています。
また、顔全体の小じわ、毛穴の開き、くすみが気になります。
顔全体(額、こめかみ、目の下、頬)に金の糸を30本入れました。
金の糸は髪の毛くらいの細さで1本は数cmです。
施術直後
手術は20~30分くらいで終わります。
局所麻酔をしてから特殊な細い針を使って金の糸を埋め込みます。
局所麻酔で少し腫れていますが、半日でほとんど引きます。
6ヶ月後
顔全体の肌の張りが出てきて、小じわや毛穴の開きが少し目立たなくなってきました。
肌の張りが出てきたことにより、軽度のリフトアップ効果があります。
早い人で1ヶ月くらいで化粧のりがよくなったり、肌の張りが出てくるのが実感できます。
症例3:金の糸(ゴールデンリフト)
高須幹弥医師からのコメント
施術前
年齢とともに感じてきたたるみ、そしてハリのなさをとても気にされていた方。一度の施術で若さを取り戻したいと、ゴールデンリフトを選択しました。
施術直後
高い美容効果のある純金を、目もとや口もとなど特に気になっている部分を中心に埋め込みました。麻酔の影響で少し腫れていますが、この腫れは約1日でほとんど引いてしまいます。
3ヶ月後
肌にハリが出て、軽いリフトアップ効果も実感できるのが、この頃から。3~6ヶ月で徐々に肌が若返っていくのがわかります。金の効果は半永久的に持続し、今後の老化防止にも役立ちます。
症例4:金の糸(ゴールデンリフト)
  1. 気軽にWeb相談
  2. カウンセリング予約
Copyright(c) Neos All Right Reserved.